競馬5・7・5
このページは司馬 駝人が競馬サイトの「KEIBA通信」さんに5・7・5(川柳)を投稿し続けて
多くのポイントを稼ぎ、「殿堂入り」の称号を頂いた記念にこのコーナーを設立しました。
司馬 駝人の競馬川柳の世界をお楽しみください(笑)。
コメントはKEIBA通信さんのものです。

投稿した自分の作品を自分のHPに掲載するので「二重投稿」にはならないと思いますし、
著作権の問題にも触れませんし・・・(笑)。
長くなりますが、おつきあいのほどを・・・。


【2001年投稿作品】

●汗流し 夜の駿馬 一目惚れ
ナイター競馬は一味違いますね。生ビール片手の競馬観戦は最高っす!!(笑)


●朱鷺の夏 長き直線 疾風馬

リニューアルされた新潟競馬場!!早く颯爽と駆ける競走馬を見たいっすね!!

●夏の夜に 砂を巻き上げ 無敗みち
トーシンブリザード、無敗の4冠達成!!しかし、レース後に骨折判明とのことで、早期の復活を!!


【2000年投稿作品】
●忘れまじ 宝有馬の 大快勝
グランプリ3連覇の大偉業!!競馬ファンなら忘れることはないでしょう!!


●4連勝 オペラの美声 天下一
いや〜!!この馬は想像していた以上に強いですね〜!!今後の活躍に期待!!

●吹き荒れり 世代交代 雨空に
確かに、世代交代の印象を強く受けた一戦でした。ちょっと寂しさもありますね。
上記3句、グラスワンダーとテイエムオペラオーの2頭への思いを・・・。

●仁川から 凱旋門へ いざ参ろう
本当に、仁川から凱旋門へとはばたいてもらいたいですね〜!!大丈夫かな?!
グラスワンダーの復活を祈って。


●武・蛯名 米国東西で いざ騎乗

武騎手の渡米は早い時期に分かっていましたが、まさか蛯名騎手までが・・・。


●雨の府中 初の金冠 輝けり

うまいですね〜!!東京競馬場は、GT並の大きな拍手が起こったそうです!!
ステイゴールドの念願の初重賞制覇。

●17度 挑んでうれしや 五月晴れ
いいですね〜!!河内騎手のウイニングランは、ちょっとジーンときました!!
河内騎手ダービー初制覇!!


【1999年投稿作品】
●名馬去り 1年経ちて 秋の風
本当にあっという間の1年でした。秋の風に何とも言えない寂しさを感じます。

●兄よ見よ 弟4歳 菊狙う
菊花賞は「兄弟物語」の見本市のようなレースですね!!杉本節が楽しみです。

●秋の日に G1ホースの 中間試験
昨年の毎日王冠のように、本番よりも中間試験の方が厳しい場合もありますね。

●南国の 大雨祟る 小倉かな
豪雨の中の競馬は、見ている方もハラハラします。騎手は危険な商売ですね!!

●晩夏の日 ジュピター光る エルムの地
綺麗な川柳ですね〜!!さすが神様!!文句無しに「金賞」を差し上げます!!

●欽ちゃんも 重賞ホースの オーナーだ
レコードの逃げ切り勝ちはお見事です!!でも馬券的には「何でそうなるの?」

●JRA スター揃えて 残暑見舞い
今年もスターホースのスカッとしたレースが見たいですね!!果たして結果は?

●G1へ 格上げ望む 北の民
う〜ん、岡部騎手も以前から北海道でのGTレース開催を提案してますよね!!

●北の地に 英雄揃いし 晩夏かな
毎年GTホースが集結する札幌記念。今年も秋に向けての重要なステップに!!

●やってきた マイネル得意の 3歳戦
日本の夏、金鳥の夏、マイネルの夏・・・。今年もマイネル軍団には要注意です。

●ジャンプ戦 重賞格上げ 高配当
小倉サマーJは、これから夏の風物詩になるでしょう。配当も熱かったですね!!

●南国の 緑の芝生 好時計
それにしても新装小倉の時計は早いですね!!千二のレコードにはビックリです。

●万馬券 飛び出し噴火 吾妻富士
12番人気タマルファイターがあっと驚く逃げ切り勝ち。馬連2万6210円。

●福島の 急な雨降り 風物詩
う〜ん、確かにこの時期の福島競馬は、雨中の開催というイメージですよね!!

●3歳戦 北のさいはて 夢は府中
来年のダービーに向けて熱き戦いが始まりました。しかし1年は早いですね!!

●北の慕情 思えばつのる 当たり馬券
初夏の北海道シリーズはいいですね!!またゆっくりと旅行でもしたいです!!

●若人の 健闘ひかる 初夏の芝
うまいですね〜!!渡辺騎手、和田騎手ともに大健闘!!確かに光ってました。

●逃げ足を 姉は見ていた 天国で
感動のダービーの演出者は、ワンダーファングでした。今後の活躍に期待です!!

●若駒に 涙こぼれし 優駿戦
出走したすべての馬に感謝!!いや〜、ダービーって本当にいいものですね!!

●ダービーで 親から子へと 伝説が
映画やドラマでも、このような感動のダービーの脚本は書けないですよね〜!!

●晴天に 名手の連覇 こだまする
うまいですね〜!!しかし武豊騎手は、今後何連覇するのか恐いぐらいです!!

●一等星 産みし初仔は ダービー馬
オークス馬からダービー馬は、トキツカゼ&オートキツ以来の快挙ですね〜!!

●7歳で G1奪取 マサ(に)ラッキ(ー)
いや〜、これはラッキーではなく実力でしょう!!しかし中京はよく走りますね。(KEIBA通信・評)

●コンドルよ はばたく先は 凱旋門
本当に今から楽しみですね〜!!このレースだけは、絶対にナマで見たいです!!(KEIBA通信・評)

●樫の女王 騎手の思惑 見え隠れ
「馬主の思惑」「調教師の思惑」「ファンの思惑」も見え隠れのレースですね!!(KEIBA通信・評)

●競馬場 初夏の日差しに 寒財布
うまいですね〜!!何か時事川柳というより、これは本格的な俳句ですね〜!!(KEIBA通信・評)

●ブライトよ 爪を研ぎつつ 勝利待て
秋にパワーアップしたブライトをもう一度見たいですね〜!!打倒スペシャル!(KEIBA通信・評)

●藤沢に 続けとばかり 森厩舎(3頭出しだ!)
やはり、海外GT制覇の両厩舎ですからね!!対抗意識もあるかもしれません。(KEIBA通信・評)

●6ハロン 喜怒哀楽も 電撃す
うまいですね〜!!文句なしに金賞です!!確かに喜怒哀楽も一瞬ですよね!!(KEIBA通信・評)

●今度こそ 俺の番だぜ マイ・ターン
う〜ん、今回の走りを見て、やはり次走は要注意の一頭かもしれませんね〜!! (KEIBA通信・評)

●笑うかど 長距離ダートで 復活へ
最後の追い込みは実力馬の片鱗を見せました!!やはりこの馬は恐いですね!!(KEIBA通信・評)

●老芦毛 高齢ながらも 2連覇す
「あの馬」と比べたら、まだまだ若いですが、それでも2連覇はお見事ですね!!(KEIBA通信・評)

●宮記念 G1短距離 関ヶ原
う〜ん、これは中京競馬場ということで「関ヶ原」ではなく「桶狭間」ですね!!(KEIBA通信・評)

●朱鷺うまれ 遙かフランス 鷹飛ばん
イスパーン賞は2着と惜しい結果でしたが、更なる飛躍はこれからでしょう!!(KEIBA通信・評)

●14年 皇帝去り手 得た玉座
シンボリ牧場が14年ぶりにG1制覇!なんとルドルフ以来!

●横典も ついに名師の 主戦騎手
横典もスティンガー、シンボリインディでG1勝ち。これで主戦決定!?

●春盾の 借りを返した NHK
春天の屈辱を、NHKではらした彼のガッツポーズは印象的。

●名兄弟 2頭を産んで 夭折す
●春の日に 名牝賢母の 花が散り
●パシフィカス 今や日本の 名牝系
●天国で 母と再会 ブライアン
名牝=ダイナカール(エアグルーヴの母)と賢母=パシフィカス(ナリタブライアン・ビワハヤヒデの母)が
死去して、2頭を思い偲んで詠む

●春の盾 やはり持ち去る 武豊

やはり武豊は春天男である・・・。

●天下獲り 淀の坂越え 試金石
天皇賞・春のステイヤー決定戦に敬意を表して一句。私は春天が好きです!

●競馬こそ 連休中の ハイライト
連休中の競馬は気分がいいですね。

●春の盾 緑と白に 輝けん
●天皇賞 春を制すは メジロの家訓

メジロブライト春天必勝祈願を込めての2句。

●母親の 期待もむなし 竜と星
竜=ニシノセイリュウ(byニシノフラワー)、星=アドマイヤベガ(byベガ)で
期待してたのだが残念の思いで一句。
竜が12着、星が6着。とりあえず星の勝ち?!今後の巻き返しに期待してます。(KEIBA通信・評)

●同期騎手 無事を祈りし まず一冠
F騎手の落馬事故で危険性を再認識。でもこの期の騎手はタレント揃いですね!!(KEIBA通信・評)

●曇り空 輝き切れぬ 一等星
うまいですね〜!!一等星が六等星に?!これはダービーで輝くための布石か?(KEIBA通信・評)

●走れぬと 悔しさこみあげ 皐月雨
ゲートで暴れ発走除外になったワンダーファングへ一句。
皐月賞当日は雨でなかったが、今にも泣き出しそうな天気だった。

●皐月賞 母馬見れば 桜花賞
うまいですね〜!!ニシノフラワーVSベガの代理戦争!!本当に楽しみです。(KEIBA通信・評)

●祐一よ GT勝利で 大人なり
G1とってトップクラスへ仲間入り。今後の活躍も超期待ですね!!

●11歳 老いても盛ん GT2着
障害馬にも高齢馬がいたのだ!!11歳でG1レース(中山GJ)2着!!脱帽。
ケイティタイガーの2着は大健闘だったと思います!!老いて益々盛んです!!(KEIBA通信・評)

●中山に ファラオの財宝 高配当
メジロファラオの快走で高配当。私は外れたが、レース確定後にこの一句が浮かんだ。
うまいですね〜!!しかし、この財宝は探すのが非常に難しいんですよね〜!!(KEIBA通信・評)

●桜花賞 イレ込み次第で 勝負あり
●出遅れし ミサイル不発 スティンガー
スティンガーに捧げる2句。
出遅れの瞬間、この馬から馬券を買っていた人の頭の中はすべて真っ白に・・・。(KEIBA通信・評)

●父の名を 息子が継ぎし 桜のV
福永親子の桜花賞制覇はお見事でしたぞ!
桜花賞親子制覇の感動の瞬間!!やはり競馬には連続性のドラマがありますね!!(KEIBA通信・評)

●ヴィクトリー 抽選当たり まず勝利!
皐月出走抽選で当たって、レースで3着!まさに強運だ!!
トゥザ「ヴィクトリー」と勝利を掛けてみました。

●G1戦 PATにWINS 通い詰め
●G1戦 ついに始まり 競馬バカ
G1レースでの司馬 駝人の週末とその心境です。

●ストライキ やったら自分の 首締める
これはその通りです!!でも桜花賞が中止にならなくてホントよかったですね!!(KEIBA通信・評)

●不況風 心寒しや 桜花の日
競馬をやっている時は、不況のことは忘れたいですね!!底打ちというウワサも。(KEIBA通信・評)

●南国へ 元気な姿 14歳
高知の「黒船賞」へ向かうミスタートウジンに一句。

●戴冠へ 役者揃いし 仲春のころ
4歳陣も古馬陣も役者が揃い、本番に向けてのカウントダウンが始まりました!!(KEIBA通信・評)

●雨の中 二頭のヒヅメ 散る火花
重馬場の阪神でスペシャルウィークVSメジロブライトの手に汗握る叩き合い!!(KEIBA通信・評)

●今は亡き 姉に見せたや 逃げ切りを
ワンダーファングのあっとおどろく逃げ切り勝ちは鮮烈だったので一句。
何と11番人気の逃げ切り勝ち!!天国のパヒュームも喜んでいるんでしょうか?(KEIBA通信・評)


●鷹飛びて 春の欧州 名を上げよ
エルコンドルパサーへ欧州遠征激励の意味を込めて一句。
今年の春の目玉は「あの馬」の欧州遠征でしょう!!本当に期待が膨らみます。(KEIBA通信・評)

●フリー騎手 乗ってなんぼの 世界なり
F厩舎のH騎手はフリーになっても、今までと全く同じというウワサも・・・。(KEIBA通信・評)

●春雨に 歯がゆい思い 快速馬
そうなんです!!この時期の菜種梅雨は、快速馬にとっては大敵ですよね〜!!(KEIBA通信・評)
この時期の菜種梅雨にイライラしてたので・・・。

●寒梅に 恋しく思ゆ 桜花かな
うまいですね〜!!今年も華やかな競馬シーズンの到来。果たして桜の女王は?(KEIBA通信・評)

●復帰戦 走りて嬉しや 中山記念
●3年も ターフを望みし 復帰戦

祝!ホッカイルソーの現役復帰。サクラローレルの春天3着以来の登場!
本当にターフを望んでいたのは彼を取り巻くスタッフだったかもしれません。

●ヒーローが 去りて生まれる 神話かな
南井騎手の引退に一句。いずれは彼も神話の人となるのだろう・・・。

●夢を持ち 直線走る トライアル
どの出走馬にも均等にチャンスがあるトライアル。競馬ファンも夢を見たいです。(KEIBA通信・評)

●青芝が 瞼にしみる 前哨戦
前哨戦・トライアルシーズンになると春を感じさせてくれます。そんな春の芝はまぶしい。

●春一番 暦を見るや 弥生賞
確かに、長年競馬を続けていると、レース名で季節を感じるようになりますね。(KEIBA通信・評)
私は競馬をやるようになってから、毎年そうですよ!!

●ラストラン 手綱さばきに タマモ見ゆ
やはり、タマモクロスといえば南井騎手。今後も調教師として期待大です!!(KEIBA通信・評)

●春風に 追い鞭うなる ラストラン
南井騎手のラストランの直線は、なんか惚れ惚れしましたね。そこで一句。
うまいですね〜!!何か春風と共に爽やかに去って行く姿が目に浮かびます。(KEIBA通信・評)

●G1で 克ちし己に 16勝
南井騎手のGT16勝は、いずれもドラマチックなレースばかりですよね!!(KEIBA通信・評)

●中京で 錦を飾りし 南井騎手
デビューとラストを中京で飾る。何か南井騎手らしくてカッコイイですね!!(KEIBA通信・評)

●盾向けて 野望ぶつかる 仁川の地

仁川ということで阪神大賞典ですね。前哨戦からいきなりスゴそうです!!(KEIBA通信・評)

●冬風の かすかに向こう 春の盾
うまいですね〜!!春の盾に向けて実力馬もそろそろ始動の時期ですね!!(KEIBA通信・評)


●フェブラリー 砂上のオペラ 鳴り響き
うまいですね〜!!まさに名声オペラ!!東京競馬場に響く独唱でした!!(KEIBA通信・評)

●フェブラリー 闘神無敵 あいまみえ
14歳のミスタートウジンと10歳のドージマムテキ。この2頭が合うとは・・・。
14歳馬に10歳馬、予定通りのワンツーでしたが、完走だけで立派ですよ!!(KEIBA通信・評)

●14年 闘う神は いつの日へ
ミスタートウジン、がんばってくれ〜!、いつまでも元気でいて欲しい!!の思いひとつで詠む。

●闘神に 勇気づけらる 若き馬
我々も勇気づけられますよね!!もちろん闘神の単勝馬券はゲットしました!!(KEIBA通信・評)


●競馬場 レース終わりし 吹く寒風
そうなんです。この時期の競馬場は、本当に負けると寒さが身にしみますよね。(KEIBA通信・評)
どんな時期でも寒風はどこからともなく吹き込むんですよ。

●我が財布 風邪に病み入り 競馬熱
このころは私の仲間内で風邪っぴきが増えだしてましたね。
うまいですね〜!!私の財布は、もうここ2〜3年続いている重症です・・・。(KEIBA通信・評)

●司馬駝人 今年も当てるぞ 重賞レース
勝つと思うな〜思えば負けよ〜ということで、今年も気楽にいきましょう!!(KEIBA通信・評)

●的場さん ワンダー選び G1奪取
最初は、何でエルコンを選ばなかったのかという声もありましたからね・・・。(KEIBA通信・評)
さすが、的場殿!!感服しましたぞ!!

●的場さん あなたはやはり 刺客です
確かに・・・。ライスシャワーの菊花賞、そして天皇賞(春)を思い出しますね。(KEIBA通信・評)

●風邪をひき PATで投票 金欠に
ふんだりけったり・・・。
最近はPATで投票してから、レース観戦だけをしに競馬場に行くことも・・・。(KEIBA通信・評)

●冬晴れに ターフに出かけ 風邪をひく
私も競馬場に行くとよく風邪をひきます。やはり敗者の怨念が渦巻いているのか?(KEIBA通信・評)


【1998年度・投稿作品】
下に行けば行くほど古い作品です。上の方が新しい作品です。

●スプリント 最後の加速も 力及ばず
1998年スプリンターズSが引退レースのタイキシャトルを詠む。

●オケラ街道 道ばた地蔵に 願を掛け
●G1も 負けがこんだぞ 司馬駝人(笑)

1998年秋G1戦線の負けっぷりについ愚痴っぽくなる。
あげくのはてには5−7−5の原則まで破る始末・・・。

●中山に きっと見えるぞ メジロの輝き
メジロブライト応援の一句。輝き(=ブライト)としてみた。

●競馬界 多くの綺羅星 流れ落つ
●スズナリブー 名馬の急逝 忘れまじ

名馬や愛すべき馬たちが多く去った1998年を詠む。

●有馬記念 ボーナス狙いだ JRA
●ボーナスを そのままつぎ込む JRAに・・・

毎年の有馬記念でただでさえ少ないボーナスがもっと目減りする・・・。

●3歳戦 コギャルやガキが 走ってる
3歳戦は狙いにくいので、ついこんな嫌味を・・・。

●日米欧 芝の覇権は いずこかな
1998JCを詠む。結局は日本の1−2−3着。でも外国馬は低レベル。これで覇権とは・・・。

●馬券獲り 飲みてあたたむ 冬競馬
冬競馬はこうでなければいかんのじゃ! でもたいていは財布はさみしく飲む金も・・・。

●一番人気 連から外れる 秋G1(とほほ・・・)
1998秋G1の万馬券連発に本命党司馬 駝人の嘆き。

●代表馬 天国で待ってて いい知らせ
年度代表馬の行方はどうなるか微妙な頃。
サイレンススズカが代表馬でもいいかな〜と思った頃の一句。

●仏G1 淀で走れば 価値判る
シーキングザパール・タイキシャトルの仏G1ホース2頭がマイルCSに登場。
2頭ともこけたらフランスG1の格はどうなんだ〜?と一句。

●冬競馬 海外帰りにゃ ちとつらい
タイキシャトル、マイルCS不安説に合わせた一句。

●ワイド馬券 なんだかあまり 価値なさそう
●ワイド馬券 ネーミング的に 投資信託っぽい
●ワイド馬券 オッズ表示は どうすんの?
●ワイド馬券 アナウンサーは 面倒だ

●ワイド馬券 やっぱりやるなら トリフェクタ(三連単)
「拡大連複」が「ワイド馬券」に命名される。
それに詠んでみる。

●横山典 やればできるぞ 逃げ切りが
1998菊花賞セイウンスカイ逃げ切りに一句。
横山典の逃げや、中舘の追い込みなどは、意外と上手いんですよね!これが!!(KEIBA通信・評)

●冬来たり 馬は激闘 サイフ故障
冬の最中のG1戦線。競走馬もごくろうさま。
我々競馬ファンの財布はクッケン炎!?

●女王杯 本当はこれだぞ 秋の華
オークス馬3世代の競演!!確かに競馬ファンには、たまらない秋の華です!!(KEIBA通信・評)
全くその通りです!

●騎乗停止 気にすることない みんなやる
武が騎乗停止だった(かな?)それに一句。

●3000m レコード勝ちも 逃げ切りか
菊花賞39年ぶりの逃げ切り勝ち!!歴史に残るセイウンスカイの快走でした。(KEIBA通信・評)
逃げ切りのレコードに驚きと唖然の一句。

●ファンファーレの 手拍子やめよう 馬のため(マナー)
その通り!!基本的にあのファンファーレに手拍子は合わないと思います!!(KEIBA通信・評)

●競馬ファン 国庫に納税 立派だな〜
競馬ファンこそ本当の納税者だ!偉いだろ〜!!と、
自分の負けを訳も分からなく正当化。

●100円の 価値が消えてく PATかな
PAT投票は計画的に!

●府中にも 木枯らし吹きて 鈴鳴りし
うまいですね!!多摩丘陵から吹きおろす木枯らしは、無茶苦茶寒いんです。(KEIBA通信・評)
その木枯らしにサイレンススズカの思いをはせて・・・。

●逃げ馬を 見れば思わる 増沢末夫
特に、福島競馬場の増沢末夫騎手は、憎らしいほど上手かったですよね〜!!(KEIBA通信・評)
まさに同感!!

●もう50歳 調教師になるか 岡部さん(字余り)
最近、騎乗数が減ってきている岡部騎手に一句。

●長距離は いつも上がりの 競馬かな
確かに、最近のスローペース症候群には、ちょっと疑問を感じています!!(KEIBA通信・評)
騎手が下手なのか、レースそのものに変化があるのか・・・。

●東京の ケヤキの先は 天国に
サイレンススズカを思って・・・。これがKEIBA通信の競馬川柳のデビュー作!
まさに、府中の魔物の存在を実感した秋天でした。サイレンススズカに合掌。(KEIBA通信・評)


TOPへ

inserted by FC2 system